スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グサリ!穴あきリペア編 NO1

このGWで多くのサーフボードがクラッシュしてる様子ですね

ヒビが入った程度のものなら誰もが一度は自分で修理した事はあるでしょう

ただ仕上がりが綺麗じゃない、、樹脂盛り跡の段差が消えない、、等などなかなか難しい面があるでしょう

綺麗に直すなら専門のリペア屋さんに持っていきましょう(^^



今日はボード製作の合間にしていたリペアの様子をUPしてみました

これはフィンが刺さって穴があいてしまったもの
1.jpg

中に入った砂や異物を取り除いた後に傷の周りに粗めのサンドペーパーをかけます
2.jpg

樹脂にカバジル(セルフィラー)という白い粉を混ぜてまずは穴を埋めます
3.jpg

サラサラの樹脂がドロドロになります

この粉を混ぜることで樹脂の軽量化と粘着力UP,サクサク削れる造型のしやすさ、等で使用します。

別に使わなくてもOKですが見た目そこだけ透明で余計に目立ちます。
4.jpg

マスキングで壁を作りプールのようにしてそこへ樹脂を流し込みます
5.jpg

ブラシ部分の色のある部分は樹脂に色つけしてみました
6.jpg

ブラシのボードの場合はこれでは色が合いません、目立ちにくくはなりますが。。

本当はエアブラシで微妙なグラデーションを色合わせしますが、かなり面倒で高等テクニックを要するので

信頼のおけるリペア屋さんに持っていくのが無難だと思います。

しかしながら特に今回のような繁忙期だとそこまでやっていられないというのも現状かもしれません、、

今回のリペアだけでも多くの工程があり日数を要します。

そういう修理は暇な時期に持っていきましょう~それまでは簡易リペアで(^^

傷を塞ぎ性能的に問題ないレベルまでの修理と、見た目もわからないほどに修復するリペアとでは全然違います。

手術跡がわかるかわからないか、、、腕もあるんですよね、、(^^  

ボード作り以上に難しい部分でもあります。



しばらくするとプリン状に固まってきます。
7.jpg

完全に硬化しないうちにカッターナイフ等で必要ない部分をザックリ削り取ります
8.jpg

NO2に続く

スポンサーサイト

この記事へのコメント

まっちゃん : 2010/05/05 (水) 17:04:35

「ただ仕上がりが綺麗じゃない、、樹脂盛り跡の段差が消えない」
って僕の事やんか――――!

フムフムなるほど?勉強になります
NO2のアップ待ってま~~っす!

サトシ : 2010/05/05 (水) 17:37:09

ふふっふ!わかった(^^

リペアの話を聞いてついつい修理のボードがあったから
負けてられんと燃えました(^^
なんちゃって~
いやいやリペアはホンマ難しいですわ!

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

satoshi

Author:satoshi
大阪在住のオヤジサーファーです
波の無い日はサーフボードビルダー、波がある日は数時間かけて波乗りに行っています。
シェイプ経験は浅~いヒヨッコながら妥協はせずにこだわりのサーフボードを作ってます。
普通じゃつまらない、、オリジナルサーフボードを作っています。

アスパイア サーフクラフト
http://aspiresurfcraft.petit.cc/

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
最新記事
info





FC2カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
波情報


リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。